診療内容

小児科

町の子ども、みんなに元気でいてもらうために。

小児科外来では発熱、嘔吐・下痢、腹痛、咳、鼻水、 便秘、皮膚のぶつぶつ、
目ヤニ、耳痛など、色々な 症状の診察をしています。
多くは感染症といわれる急性の病気です。
また、おねしょや気管支ぜん息、アトピー性皮膚炎 などアレルギー疾患や慢性疾患。
それに、乳幼児の 定期健診や子育て相談も受け付けています。
これら、子どもたちに関する事の全般を対象にして います。

予防接種

感染を未然に防ぐ、予防接種も承っております。

予約制となっていますので、事前にインターネットまたは電話でご予約をお願いします。
希望者全員には対応できない可能性がありますので、ご予約はお早めにお願いします。
予防接種のスケジュール作成や予防接種についてのご相談、
次に何を受ければいいのか?ワクチンについて詳しく聞きたいなど、
お気軽にお電話(097-545-0039)ください。

予防接種時のお持ちいただくもの

○母子健康手帳 ○健康保険証 ○子ども医療費助成受給資格者証

ワクチン名 対象期間
B型肝炎 ○生後2か月から接種可能:
【初回】…4週間隔で2回接種
【追加】…1回目から20-24週あけて3回目を接種

※平成28年10月1日から、B型肝炎ワクチンの定期接種(公費負担)が始まりました。 対象者は平成28年4月1日以降に生まれた赤ちゃんです。 0歳児に限り公費(無料)で接種を受けられます。
ヒブ ○生後2か月~7か月未満で接種を開始する場合:
【初回】…27日から56日までの間隔で3回接種
【追加】…3回目接種終了後7か月から13か月の間に1回接種

○生後7か月~12か月未満で接種を開始する場合:
【初回】…27日から56日までの間隔で2回接種
【追加】…2回目接種終了後7か月から13か月の間に1回接種

○1歳~5歳未満で接種を開始する場合:1回接種
肺炎球菌 ○生後2か月~7か月未満で接種を開始する場合:
【初回】…27日以上の間隔で3回接種
【追加】…3回目接種終了後60日以上あけて1回接種
    (12か月から15か月に至るまでの間)

○生後7か月~12か月未満で接種を開始する場合:
【初回】…27日以上の間隔で2回接種
【追加】…2回目接種終了後60日以上あけて1回接種(1歳超えて)

○1歳~2歳未満で接種を開始する場合:60日以上の間隔で2回接種
○2歳~9歳未満で接種を開始する場合:1回接種
4種混合(DPT-IPV) ○生後3か月~7歳半未満:
【初回】…20日から56日の間隔で3回接種
【追加】…3回目接種終了後1回接種(12か月から18か月が理想的)
3種混合(DPT) ○生後3か月~7歳半未満:
【初回】…20日から56日の間隔で3回接種
【追加】…3回目接種終了後1回接種(12か月から18か月が理想的)
不活化ポリオ ○生後3か月~7歳半未満:
【初回】…20日から56日の間隔で3回接種
【追加】…3回目接種終了後6か月以上の間隔をおいて1回接種
DT(II期) ○11歳~13歳未満
BCG 生後5か月~8か月までに接種することが望ましい(1歳に至るまでの間)
MR ○I期:1歳~2歳未満
○II期:小学校就学前1年間
日本脳炎 ○I期:3歳~7歳半未満
【初回】…1週間以上の間隔をあけて2回接種
【追加】…2回目接種終了後12か月あけて1回接種

○II期:9歳~13歳未満
子宮頸がん 小学校6年生~高校1年生相当の女子
水ぼうそう ○1歳から接種可能:
確実に免疫をつけるためには1回目接種から3か月あけて2回目接種
ワクチン名 対象期間
ロタテック ○生後6週~32周未満:4週間間隔で3回接種
おたふく ○1歳から接種可能:
確実に免疫をつけるためには1回目接種から3~5年あけて2回目接種
インフルエンザ ○ 6か月から接種可能:冬季流行期間

各種予防接種のスケジュール、ワクチンの種類や説明に関しては
下記のホームページをご参考ください。

乳児健診

赤ちゃんの健やかな成長を目的に。

予約制となっていますので、事前にインターネットまたは電話でご予約をお願いします。
希望者全員には対応できない可能性がありますので、ご予約はお早めにお願いします。
3~4ヶ月、7~8ヶ月、9~11ヶ月健診(所定の用紙持参で無料)を実施しています。
その他の健診(有料)のご希望はお電話でご相談ください。

予防接種時のお持ちいただくもの

○母子健康手帳 ○健診の無料用紙(必要事項を記入して来てください。)
○健康保険証・子ども医療費助成受給資格者証 ○紙オムツ等